numéro 13 パリ最終日2 マレ地区〜モンパルナス

    2016年1月6日、パリ7日目、いよいよ最終日となりました。

     

     

    午前中にサンシュルピス教会界隈を歩き、ホテルへ戻りチエックアウト。
    荷物をフロントに預けて、最後の散策へと出発しました。

     

     

     

    サンミッシェル広場の噴水。

    私は、いつもココを起点に方角を考えている気がします。

     

     

     

    後ろを振り返るとシテ島が。
    中央左に見えるのは、サントシャペルの尖塔です。

     

     

     

    雲の合間から青空が見えてきました。

     

     

     

    そのシテ島からサン・ルイ島を通って右岸へと渡ると、そこはマレ地区です。

     

     

     

     

     

     

     

    なんだか同じ所ばかりへ来ている気がしたので、バスに乗って移動する事にしました。

    向かった先はモンパルナス、ガレットを食べに行きました。
    モンパルナス駅からはブルターニュ地方へ向かう電車が出ているためか、ブルターニュ地方の名物であるガレットのお店がたくさんあります。

    このお店は、前回も来て、とってもおいしかったし、店員さんもものすごく愛想がよかったのでまた来てみました。
    ハム、卵、マッシュルームのガレット、そしてリンゴのお酒、シードルを。
    ん~~おいしい!

     

     

     

    モンパルナス駅前からサンジェルマン大通へと続くレンヌ通り。

    この通りにあるフナック(書籍や、CD、DVD、電化製品などが豊富に揃うフランス最大のブックチェーン)へ立ち寄り、欲しかった、プチニコラの挿絵がある仏々辞典を見つけ買いました。

     

     

    奥に見える高い建物はモンパルナスタワーです。

    上階に上って素晴らしい夜景を見ることが出来るそうですね。

     

     

     

    ホテルへ向かって歩き始めました。

     

     

    サンジェルマン大通り

     

    コメルス・サンタンドレ広場

     

     

     

    パリ最古のカフェ・レストラン「ル・プロコープ」

     

     

     

    ホテル前の通りです

     

     

     

    預けていたスーツケースを受け取り、ホテルを後にしました。

    セーヌ川の河岸では、1組の若いカップルが、写真を撮りあったり、男性が女性を抱き上げてクルクルと回ったり
    ”幸せ~” な感じが一杯でした
    いいな~♡

     

     

     

    そして最後に撮った1枚。
    いよいよパリともお別れです(涙)

     

     

     

    そして、サンミッシェル – ノートルダム駅から RER B線に乗ってシャルルドゴール空港へと向いました。

     

     

    ひょんなことがきっかけで書き始めた旅行記、最後はかなり急ぎ足になりましたが、無事終えることが出来ました。

    お読みになって下さった方々、いいね やコメントをくださった方々、本当にありがとうございました。

     

    そして、あれから約1年4ヶ月たった明日 2017年5月2日、またパリへと行ってまいります。
    1週間にも満たない滞在になりますが、楽しんできたいと思います!

     

     

    HOMEへ

    ページTOPへ